2016年07月18日

床屋の隣で絵画教室を




趣味の話を書いたついでに油絵のことを書いておこう。
もう25年ほど前のことになるが、いつも通っている開いている人がいた。顔見知りの奥さんが先生だったので通わせてもらうことにした。油絵の入門書などより、先生に習ったほうが近道だろうと考えたのである。通い始めて最初にやらされたのがデッサンだった。コンテでダビデの石膏像を画用紙に描いていくのである。絵の基本はデッサンからというのだが1枚描いたところで飽きてしまった。
「先生、もうデッサンは描きたくありません。画家になるわけじゃないので基本はどうでもいいんです。それより油絵の描き方を教えてください」
しようもない生徒だなぁと思ったに違いない。妻とも知り合いだった先生は、そこは譲ってくれて私の我が儘を許してくれた。早速、油絵の手ほどきとなった。飛騨高山で買って来たとかいう糸巻と紙の風車を前にして、よく見て描いてくださいという。絵の具の混ぜ方やペインティングオイルの使い方などを一通り教えてもらったと思うが、それほど難しいものではない。背景や影の付け方などを教えてもらったが、月謝を払って習うほどのことでもないなぁと感じた。しかし、すぐにはやめなかった。ちょうど、その時、教室で習っている人達の作品展を関内のギャラリーで開くことになり「日向さんも出品してください」と言われたのである。もちろん、「はい、わかりました」ということになった。
教室で描いたものを2点ということだったが、入会したばかりなのでまともな作品がない。自宅で描いたものでもいいということにしてもらって仕上げたのが写真の絵である。題名は「象1」。大きさは8号(45㎝×38㎝)である。近所の人からインド旅行の土産にもらった象の置物を、前方から見て一部分だけを大きく切り取って描いたものである。私にとって初めての作品であり、相当の時間をかけて描いた作品である。25年経った今も我が家の玄関に飾られている。



Posted by benjamiy@outlook.com  at 18:34 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。